耳鳴り

<耳鳴りとは?>

 「耳鳴り」は、耳の外耳~内耳、聴神経までに異常が生じて起こります(比較的、内耳の異常が多い)。異常が起こることで脳の神経が興奮状態となり、耳鳴りの症状が発生するとされています。現在の医学では原因から治療法まではっきりと解明されていない病気でもあります。上記にあげた異常の他にストレスなどが引き金になって生じる場合もあります。

<耳鳴りの症状とは>

■断続的に、あるいはいつも頭の中で音が聞こえる。

■静かな環境になると音が大きく感じて不安になる。

■めまいや難聴も同時に生じることがある。

<耳鳴りの原因とは>

 耳鳴りの原因は様々で解明されていないことも多いのですが、一般には

1.音が伝わる経路のどこかに異常がおきる
2.本来は外部からの振動で音を感じるが、異常が起きているために、外部からの振動がなくても異常な電気信号が発生し、それが耳鳴りとして聴こえる

というものです。多くの場合難聴を伴う場合があります。
上記で挙げた耳が原因となる耳鳴り以外にも、頭の中の血管の異常で耳鳴りが生じる場合もあり、そのような場合には早急に精密な検査が必要になります。

<耳鳴りの治療とは>

 可能か限り原因を検査・診断した上で加療を行ってゆきます。聴こえの良い・悪いは聴力検査などで測定することができるのですが、耳鳴りの音の程度は主観的な側面もあり、治療が難しい病気でもあります。

 脳や脳血管の病気であれば早急にその治療を、そうではなく中耳や内耳、聴神経が耳鳴りの原因であるような場合は投薬や生活改善を行っていただいた上で、改善状況を把握し、必要に応じて補聴器をお勧めしたり、音響療法と呼ばれる耳鳴りに適応するトレーニングをお勧めする場合もあります。