急性中耳炎は確実に治療を JR名古屋駅新幹線口徒歩1分の耳鼻科 柊みみはなのどクリニック

急性中耳炎

<急性中耳炎とは?>

 風邪などによるウィルスや細菌が耳管(鼻と耳をつなぐ管)を通って耳に入り、中耳で炎症が起こる病気です。子供は耳管が短く傾斜が緩やかなため、細菌が耳の中に入りやすい状態です。このため中耳炎は5~6歳までの子供に多い病気といわれています。

<急性中耳炎の症状とは>

■風邪をひいたあとの耳の強い痛み

■耳から膿が出てくる

■聞こえにくくなる

 3歳以下の子供のうち70~80%が一度はかかるといわれる急性中耳炎。風邪などの感染症のあとに発症し、耳痛・耳だれ・難聴・耳のつまり感などのほか、発熱や食欲不振などの全身症状もみられます。

<急性中耳炎の治療とは>

 投薬治療を行います。完治するまでに2~3週間かかるため、その間の診察および投薬が必要です。痛みがなくなったとしても完治していない場合が多いため、中途半端に治療を止めると鼓膜の内側に膿が残り滲出性中耳炎へ進行する可能性が高くなります。医師の診断に従い、勝手に治療を中断させることのないよう最後までしっかりと治療を行いましょう。